東京都港区の新橋八九十会クリニック(医療法人社団八九十会)

文字サイズ

手外科

トップページ > 診療案内 > 手外科

手外科

手外科とは、いわゆる肩から下の部分、腕、肘、手首、指などの上肢全体を専門とする分野です。
「手」は複雑な人間のからだの中でも特に繊細な構造を持っています。手や指には繊細な知覚があり、複雑な情報のやり取りを脳との間に行っています。複雑な構造をした骨・関節とそれを取り巻く筋肉や腱、神経、血管がぎっしり凝縮されているため、ほんの小さな怪我でも、不自由な思いをされた方が多いと思います。

手外科とは、従来の整形外科の分野から特に手の特殊性に精通し、様々な機能障害に対して外科的に取り組んでいる専門性の高い分野です。
手外科は大きく二つに分けることが出来ます。急性期(一般的なケガ)の治療と慢性疾患(リウマチ・神経性疾患・変)形などの治療です。どちらも治療するにあたり実績の積み重ねによる経験と、この経験を基にした学術的な知識が無いと確実な治療は出来ません。

高月整形外科病院は、日本手外科学会の関連研修施設に認定されており、多くの専門医を中心に年間1,500例以上もの上肢に関する手術を行ってきた過去の実績を元に、より正確に患者さまそれぞれの病気や怪我に対応しております。

業務提携

研究開発

  • 手術用資器材:2-0ループ糸付き直針
  • 外用塗布剤:VCGSジェル
  • 栄養補助食品:ローヤルゼリープロテイン
名誉理事長 山口利仁の功績
院長 稲見浩平がドクターズ・ファイルで紹介されました

医療法人社団 八九十会 新橋八九十会クリニック

〒192-0002
東京都港区新橋4-9-1
TEL 03-3434-1114(代表)

採用情報

地域医療の未来を
共に築きましょう。

言語を選択

page top