東京都八王子市の高月整形外科病院(医療法人社団八九十会)

文字サイズ

検 診

トップページ > 診療案内 > 検 診

脳ドック

脳ドックとは

脳に病気がないか、脳の病気になる兆候はないかを調べる検査です。
とくに、突然死の原因にもなる脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の前兆や危険因子がないかを調べることができ、重要です。
くも膜下出血の危険因子でもっとも大事なのは、やはり脳動脈瘤です。
また、症状がない場合でも、古い脳梗塞(これを無症候性脳梗塞と言います。)が見つかることもあります。
検査内容は脳MRI・MRA、頸部MRA、血圧測定、血液検査中でも、中心となるのが、頭の中の脳をチェックする
MRIという検査と、脳の血管をチェックするMRAという検査です。
これに加えて頸部MRA頸動脈とはクビ(首、頸)の動脈のことです。
他の、心電図検査、血圧検査、血液検査も動脈硬化や不整脈など脳卒中のリスクの予測に重要な検査ですが、
脳ドック特有の検査ではなく、他の人間ドックや健康診断でも行われます。

脳のMRIでわかることは
脳梗塞(新しいもの・古いものともに)、脳出血(新しいもの・古いものともに)、脳腫瘍、脳の加齢性変化
脳の萎縮の程度などです。

脳ドックのMRIで頻度が高くて重要なのは、これから起こりうる脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
などの前兆がある程度わかるということです。

脳卒中の前兆

脳梗塞や脳出血は、命に関わることがある脳卒中に含まれます。 過去に症状があり、脳梗塞や脳出血と診断された
場合はその跡(陳旧性脳梗塞・脳出血)が残ります。
それだけでなく症状がなくても脳梗塞(もしくは脳出血)が見つかることがあります。
これを無症候性脳梗塞(もしくは脳出血)と言い、脳の加齢性変化 脳の萎縮の程度といったことも脳ドックではわかります。

加齢性変化は脳の白質に起こる病変であり、高血圧とも関連すると言われます。
加齢性変化も萎縮も、生理的に見られる変化ですので、年齢の割に進んでいるかどうかが重要です。

脳のMRAでは脳の血管(動脈)を評価する検査です。 動脈瘤、血管の狭窄〜閉塞、血管の解離、特に動脈瘤がある場合は、
破裂するとくも膜下出血になり、 即命に関わりますので、非常に重要な検査と言えます。
逆に血管が狭くなったり、閉塞していると、脳梗塞の原因になりますので、動脈硬化がどの程度 起こっているかの判断にも
重要な検査と言えます。 また、頻度は下がりますが、血管に解離が起こることがあり、これにより脳梗塞や脳出血が起こることがあります。

骨ドック

骨ドックとは

 骨ドックは骨密度(骨の量)を測定し、骨粗鬆症の予防や治療に役立てる検査です。
「骨粗鬆症(こつそしょうしょう」とは、骨の中のカルシウムなどが減って、骨の密度が低くなり、
スカスカの状態になってしまうことです。この状態に陥ると骨は弱くなり骨折をしやすくなります。
65歳以上に見られる骨折の80%は「骨粗鬆症」が原因 といわれています。
さらに、骨粗鬆症は脳血管障害についで、寝たきりとなる原因の第2位を占めています。
年を重ねてからも強くて健康な骨を維持するために、40代・50代からの予防と早期発見をはじめてみましょう。

 骨粗鬆症は高齢者特有の病気ではない 骨粗鬆症は骨の代謝が緩やかになり、骨密度が減少して構造が
弱体化する疾患です。
 かつては高齢者特有の現象だと思われていましたが、カルシウム不足や過剰なダイエットの影響で若い女性に
発症するケースも報告されています。

 骨もまた臓器の一部として日々新たな細胞に生まれ変わっているのですが、そのもととなる成分が不足した時、
あるいは加齢などによって再生が追いつかなくなった時に骨粗鬆症所の歌いになります。
 その診断基準は20歳から40歳の平均骨密度を基準として70%未満です。

骨は思春期に骨量がピークに達し、以降40歳ごろまでが維持期、そして50代以降は確実に下降します。
20代から40代の時期は骨量が増加するとしても数%にとどまるので、ピーク時にどれだけ骨量を蓄えられたかによって、
骨粗鬆症リスクが決まると考えていいでしょう。若い頃にあまりカルシウムを摂取しなかった方は危険を自覚するべきです。

受付案内

検 診【脳ドック・骨ドック】

脳ドック・骨ドックとも予約制となっておりますので事前に下記連絡先にお電話下さい。
電話:042-692-1115(代)

名誉理事長 山口利仁の功績

医療法人社団 八九十会 高月整形外科病院

〒192-0002
東京都八王子市高月町360番地
TEL 042-692-1115(代表)
FAX 042-692-1241

採用情報

地域医療の未来を
共に築きましょう。

言語を選択

page top