東京都八王子市の高月整形外科病院(医療法人社団八九十会)

文字サイズ

治療のご案内

トップページ > 診療案内 > 脊椎脊髄外科 > 治療のご案内

安心で安全な脊椎脊髄医療を提供いたします

癌の脊椎転移は脊椎の支えがなくなるため強烈な痛みと、時によって麻痺が発生します。インプラントで強固に固定することで日常生活動作が劇的に改善します。
運動選手や重労働者には腰椎分離症が発生し、すべりを伴うと足の痛みやしびれが生じます。腰椎後方除圧椎体間固定により根治します。

高月整形外科病院八王子脊椎脊髄病センターでは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症をはじめとする脊椎脊髄疾患の専門治療をおこなっております。

外来での診察、画像検査から、投薬、注射、物理療法に加え最先端の手術、入院加療、リハビリテーションを通して安心で安全な医療を提供いたします。

八王子脊椎脊髄病センターでは、脊椎脊髄専門医師による外来や各種画像検査、物理療法、手術を行なっており、患者様に満足して頂ける医療を提供すべく、スタッフ一同取り組んでおります。

専門外来、画像検査(レントゲン、CT、MRI)、物理療法、入院検査、手術、リハビリテーションのすべてが当院で施行可能です。しかも短期間に必要な検査を施行し、治療を開始することが可能であるため、診断から治療開始まで時間を要しません。
難治症例や他院での手術後再発例など、近隣の病院や遠方からの紹介患者様も多く来院されます。画像検査では単純X線(レントゲン)、CT、MRI等の他、筋電図、骨塩定量(骨粗鬆症検査)などによって総合的に病態を評価し治療を行ないます。

外来では、診察、投薬、注射(点滴、局部トリガー注射、仙骨硬膜外ブロックなど)等を行ないます。物理療法は疼痛の軽減に有用であります。
頚椎腰椎牽引、マッサージ、低周波、ホットパック、干渉波など患者様それぞれの病態や症状に応じて担当医がプログラムを組み治療します。

機能障害がある方は理学療法士によるマンツーマンのリハビリテーションを行なうことが可能です。
検査入院では、脊髄造影、神経根造影(神経根ブロック)などを行ない、診断のみならず、責任病巣の特定、手術適応の有無、手術法の選択など今後の治療方 針を決定します。
すでに診断が確定しており、罹患高位や手術法が明らかな場合は検査入院が不要です。
手術は予定手術を原則とし、入院は手術の前日となります。 疾患や手術法によっても異なりますが、術後数日で歩行可能となり、入院期間は1〜2週間ほどです。

当院では脊椎脊髄専門医・指導医のもと、安全な手術を行なっております。
執刀医のみならず麻酔科医、看護師、医療器械専門スタッフも手術の質をあげる べく患者様をサポートいたします。

このような治療方針に基づき脊椎診療をおこなうことで、多くの患者様に痛みのない快適な生活を送っていただきたい。
「高月整形外科病院病院 八王子脊椎脊髄病センター」はそう願っています。

理想を追求し、真の脊椎治療を目指して

脊椎外科的診断と治療計画

背骨の痛み神経痛があり、また他の病院で脊椎手術を勧められたが危険であると言われ不安がある、あるいは本当にその手術が必要なのか?こんな悩みをお持ちの方は当センターに是非ご相談ください。

スペシャリストの脊椎外科医師が豊富な経験に基づいて診断し、患者様にとってベストと思われる治療計画を立て、充分ご理解いただけるよう説明いたします。脊椎手術は高い専門性を有する手術であり、どこの病院でも受けられるわけではなく、トレーニングを受けた脊椎脊髄専門医、認定指導医でないと良い結果が得られません。

手術前には充分な説明(インフォームドコンセント)を施行し、安心して脊椎手術をお受け頂けるように努めます。
治療の説明は患者様ご本人だけではなく、ご家族にも行います。

大きくバランスを崩した脊椎は強い疼痛や歩行困難が生じます。インプラントは矯正保持にも役立ちます。

術前検査、手術の前に行うこと

脊椎脊髄手術が最適と判断されれば手術日を決定しますが、術前検査(血液検査や心電図、胸部レントゲン検査、脊椎CT 検査など)を行い、安全に手術ができるかを診断します。

高血圧や糖尿病などの管理が不十分な場合は、おかかりの医療機関(内科)であらかじめ治療します。脊椎固定手術をお受けになる場合は、ご自身の体にあったコルセット(装具)を作成いたします。

術前リハビリテーションも行い、疼痛の部位や程度、 筋力低下や機能障害について評価します。

脊椎手術の医学的知識の提供

背骨の手術を受けることは、どなたでも抵抗があって当然です。

八王子脊椎脊髄病センターでは手術方法や改善度など最新の医学情報を提供し、患者様に安心して手術をお受けいただけるように努めております。

また、手術方法や術後の注意点などについて詳しく記載された手引書もお渡ししています。

疑問に思う点や不明な点 は直接医師やスタッフにご質問下さい。

手術、術後ケア、リハビリテーション

手術は全身麻酔でおこなわれますので、痛みを感じる事はありません。
麻酔の覚めた後も持続的に鎮痛剤が投与され、看護師により適切なケアがおこなわれますので、ひどい痛みを感じることはありません。

手術した傷口が落ち着いたらできるだけ早く、理学療法士によるリハビリテーションを開始します。

通常の脊椎手術では術後2日から4日で歩行可能となります。
頚椎の手術では作業療法士がついて手指運動のトレーニングを行います。
手術の方法にもよりますが、術後1〜2週間ほどで退院可能となります。

退院後は 主治医あるいは理学療法士、作業療法士が指導する通りに自宅でトレーニングをおこなうことが重要です。

理想的な脊椎脊髄医療を追求

腰椎

腰椎の中の神経の通り道である脊柱管の異常(狭窄)が起こると、下肢の痛みやしびれが発生します。
椎間板ヘルニア、腰 部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎圧迫骨折などが代表的な疾患です。
こうした痛みやしびれを治療するには、後方からヘルニアや骨、靭帯を削り神経の圧迫を取り除く手術が必要です。
腰椎の不安定性やすべりがある場合はインプラントを用いた腰椎固定・骨移植術にて背骨の安定化をはかります。

最近では患者様の 負担を可能な限り減らす目的で最小侵襲手術(MIS手術)も導入しています。
具体的な手術法は患者様の病態にあわせて医師が最適なものを選びます。

なお当センターでは過去に他施設で腰椎手術を施行された患者様の再手術のご相談も対応可能です。

ヘルニアは、最近では顕微鏡や内視鏡を用いた低侵襲手術も行っています。

頚椎

頚椎の脊柱管の異常(狭窄)が起こると、手足の痛みやしびれが発生します。 また、ボタンや箸、書字など手指の細かい動きができなくなったり、歩きにくくなったりすることもあります。

頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症などが代表的な疾患です。 こうした症状を改善させるためには、後方から脊柱管を広くする手術(脊柱管拡大術)や頚椎の前方よりヘルニアを取り除く手術(前方固定術)が必要です。

頚椎の手術は極めて専門性の高い手術ですが、当センターでは安全かつ安心して手術をお受けいただけます。

名誉理事長 山口利仁の功績

医療法人社団 八九十会 高月整形外科病院

〒192-0002
東京都八王子市高月町360番地
TEL 042-692-1115(代表)
FAX 042-692-1241

採用情報

地域医療の未来を
共に築きましょう。

言語を選択

page top